HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】09年人口動態統計‐3割が癌での死亡

2010年6月7日 (月)

 厚生労働省は3日、「2009年人口動態統計月報年計」概数を公表した。死亡数は114万1920人で前年より487人減少。死因順位の1位は癌の34万3954人(前年比991人増)で、心疾患の18万0602人(1326人減)、脳血管疾患の12万2274人(4794人減)と続く。

 死因順位で1位の癌については、1963年の調査開始以来、一貫して上昇を続けており、09年の全死亡者に占める割合は30・1%になっている。心疾患も上昇傾向にあったが、09年は前年より減少している。また、脳血管疾患は、70年をピークに減少し続けている。

 癌を部位別で見ると、男性で最も多いのは「肺」で、上昇傾向が著しい。以下、「胃」「大腸」と続く。女性は、「大腸」「肺」「胃」の順番で、「大腸」と「肺」については上昇傾向が続いている。ただ、「胃」については男女ともに横ばいの傾向にある。 

 一方、出生数は107万0025人と前年より2万1131人の大幅減となった。出生数から死亡数を引いた「人口の自然増減数」は過去最大の7万1895人のマイナス。自然減は3年連続で、人口減少を印象づけた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録