HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【2006年人口動態統計】出生・婚姻数が増加

2007年1月10日 (水)

 厚生労働省大臣官房統計情報部は、2006年人口動態統計の年間推計を公表した。出生数が00年以来6年ぶりに、婚姻数も01年以来5年ぶりに増加に転じた一方で、死亡数は戦後では1947年に次いで多く、4年連続で100万人を超えた。自然増加は前年に続きマイナスであったが、マイナス幅は縮小した。

 この推計は、人口動態統計速報の06年1010月分を基礎資料に、日本における日本人について推計したもの。

 出生数は108万6000人で、前年より2万3000人の増加となり、00年以来6年ぶりの増加となった。人口千対の出生率は8.6人で、前年の8.4人を上回った。また婚姻件数は73万2000組で、これも01年以来5年ぶりの増加(対前年比1万8000組増)に転じた。これらに関して厚労省は、「雇用が安定してきて、婚姻が前年の7月以降は上昇傾向にある。それが出生へつながったという推測はできる」と分析した。

 死亡数は前年より8000人増加し、109万2000人となった。これは戦後では1947年に次いで多く、4年連続で100万人を超えた。死亡率は前年の8.6人から8.7人に増えた。

 3大死因の死亡数は、1位が悪性新生物で32万9000人、次いで心疾患17万7000人、脳血管疾患13万人で、前年と順位は変わらない。悪性新生物と心疾患は増加したが、脳血管疾患は約2800人の減少となった。

 なお、自然増加数はマイナス6000人で、前年に続き減少した。しかし前年のマイナス2万1000人と比べるとマイナス幅は縮小した。厚労省は、「06年11月、12月の出生・死亡の状況によっては、マイナス幅の拡大や縮小が見込まれるほか、場合によってはプラスとなる可能性もある」としている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録