抗菌剤「ユナシン‐S」のキット製剤を発売 ファイザー

2007年1月15日 (月)

 ファイザーは昨年12月20日、肺炎治療などに用いられる抗菌剤「ユナシン‐S」(一般名:注射用スルバクタムナトリウム・アンピシリンナトリウム)のキット製剤を発売した。薬剤と生理食塩水が一つのバッグにまとめられており、医療従事者に対する負担の軽減が期待される。

 同剤は、β‐ラクタマーゼ阻害剤を配合したペニシリン系抗菌剤。日本呼吸器学会で、肺炎治療の第一選択薬として推奨されている。従来医療現場では、バイアルから取り出した薬剤を生理食塩水で溶解する必要があり、操作が煩雑であった。

 キット製剤は、点滴バッグ内に隔壁が設けられており、投与前に隔壁を開通、薬剤を溶解させた後、患者に静注する。1・5gと3gの2規格が用意されている。

 薬価は、1・5gが1670円、3gが2243円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録