HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【エーザイ・インク】米で認知症治療剤「アリセプト」の高用量製剤承認‐コーツ社長「6億ドル達成できる」

2010年7月28日 (水)

 エーザイは、中等度・高度アルツハイマー型認知症(AD)治療剤の高用量徐放性製剤「アリセプト錠23mg」(一般名ドネペジル塩酸塩)について、米FDAから承認を取得した。8月初旬から米国で販売を開始し、MR1300人体制でファイザーと共同販促を進める。11月にはアリセプトの米国特許切れを迎えるが、27日に現地で開いたウェブカンファレンスで、米子会社エーザイ・インクのロネル・コーツ社長兼CEOは、「2012年までのピーク時売上高で、6億ドル(約522億円)を目指す」と述べた。

 アリセプト錠23mgは、既存の5mg錠、10mg錠の1日1回投与を可能にした高用量徐放性製剤。今回、中等度・高度のAD患者1467人を対象とした実薬対照比較試験で、10mg錠に比べ、有意に認知機能の改善が得られた結果をもとに承認された。

 米国のAD患者は、65歳以上の約510万人に上るとされ、そのうち約360万人が中等度・高度と考えられている。また、アリセプトを処方されているAD患者の75%以上が、中等度・高度に当たることから、同社は、中等度・高度AD患者に対し、10mg錠から23mg錠への切り替えを進めることで、新たな市場機会を獲得したい考え。

 コーツ氏は「低用量の10mgによる治療に比べ、中等度・高度AD患者への治療が追いついていない」と指摘。「高用量製剤の23mg錠によって、全く新しい治療選択肢を届けたい」と述べた。その上で、全AD患者の45%がターゲットになるとし、「多くのAD患者に使っていただくことで、6億ドルは必ず達成できる」と強調。「アリセプトの特許切れに向け、大きな機会を提供する23mg錠によって、フランチャイズを強化し、特許切れ後もAD患者にベネフィットを提供していきたい」と語った。

 8月初旬の販売開始後は、エーザイ500人、ファイザー800人のMR1300人体制で米国における共同販促を進める。

 なお、今回の承認を受け、アリセプト23mg錠については13年7月までの、3年間のデータ保護期間が付与された。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録