HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【人事院勧告】2年連続で月給・ボーナス引き下げ‐薬剤師の初任給は現状維持

2010年8月13日 (金)

 人事院は、公務員給与の改定を、国会と内閣に勧告した。2年連続で月給とボーナスを引き下げ、年間給与を平均9・4万円抑える。月給は、官民格差の大きい50歳台後半を重点的に減額するが、基本給を定める俸給表のうち、医師に適用する医療職(一)は処遇確保のために据え置く。薬剤師、栄養士ら医療職(二)は、1級と2級の一部を除いて引き下げるが、薬剤師の初任給に当たる2級1号俸は17万8200円を維持する。なお、今年4月のナショナルセンター独立行政法人化によって医療職俸給表の対象者は半減した。

 人事院の調査によると、公務員の平均月給は39万5666円で、民間の39万4909円を0・19%上回り、ボーナスの年間支給は4・15カ月で0・2カ月分多い。ただ、年齢で見ると、30歳台までは公務員の給与が低いが、特に高年齢層ほど公務員で給与が高くなる。

 そのため、月給については、原則として55歳を超える職員の俸給と手当てを定率1・5%削減すると共に、40歳代以上に限定して俸給表を平均0・1%マイナス改定する。医療職(二)では1級は変わらず、2級は微妙にスライドする号俸もあるものの、概ね前年水準のまま。3~6級は0・1%、7~8級は0・2%引き下げる。

 適用職員数は434人で前年から590人減少。平均年齢は44・0歳で2・5歳上昇し、平均経験年数は20・1年で2・0年長くなった。ボーナスは、俸給表改定の除外となった医療職(一)を含め、民間の支給割合に見合うように引き下げる。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録