HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【海外大手製薬企業/10年上半期決算】新興国市場とワクチンで好業績‐事業多角化の効果を反映

2010年8月16日 (月)

 海外大手製薬企業の2010年上半期決算が出揃った。米国勢・欧州勢の各社は、成長著しい新興国市場で大きく売上を伸ばし、軒並み好業績を達成した。大型買収を敢行した米ファイザー、米メルクも、バイオ医薬品と新興国市場を取り込み、統合効果が表れた格好となった。欧州勢は、新型インフルエンザワクチンを供給した仏サノフィ・アベンティス、英グラクソ・スミスクライン、スイス・ノバルティスファーマが、ワクチン事業を急拡大させ、好調な業績を後押しした。各社とも大型製品依存からバイオ医薬品、ワクチン、ジェネリック医薬品等の多角化にシフトし、新興国市場の成長を取り込み、収益構造の大幅な転換によって業績を確保している状況が、明確に示された上半期決算となった。

【米ファイザー】

 米ファイザーは、統合を完了した旧ワイスの製品が加わったことに加え、為替の影響が有利に働き、売上高は前年同期比56%増の340億7700万ドルと大幅に拡大した。

 医療用医薬品のバイオ医薬品部門は、ファイザー製品中心のプライマリー・ケア事業部門が12%増の117億8900万ドル。特に旧ワイスの生物製剤、ワクチンが中心のスペシャリティ・ケア事業部門が152%増の72億9200万ドル、エスタブリッシュ製品事業部門が66%増の55億1400万ドルと買収効果が表れ、売上高は46%増の295億2700万ドルと大幅な増収となった。

 製品別では、主力の高脂血症治療薬「リピトール」が、米国市場の落ち込みを為替の好影響でカバーし、3%増の56億ドルと増収を確保。神経障害性疼痛治療薬「リリカ」が13%増の15億ドルとなった。さらに、旧ワイス製品の抗リウマチ薬「エンブレル」が16億ドル、小児用13価肺炎球菌ワクチン「プレベナー13」が9億ドル、同7価ワクチン「プレベナー7」が9億ドルとなった。

 純利益は、ワイスの買収に伴う統合費用、事業再編費用が膨らみ、10%減の45億0100万ドルと二桁減益となった。

【米メルク】

 シェリング・プラウと統合した米メルクは、主力のアレルギー治療薬「シングレア」が前年同期比5%増の24億2300万ドル、DPP‐4阻害薬「ジャヌビア」が27%増の11億1100万ドル、高脂血症治療薬「ゼチーア」が3%増の10億9800万ドル、新製品のHIVインテグラーゼ阻害剤「アイセントレス」が56%増の4億9900万ドルと大きく伸長。アニマルヘルスも二桁の伸びを示し、合算売上高は2%増の227億6800万ドルとなった。

 純利益は、統合事業再構築計画などの関連費用が嵩み、65%減の10億5100万ドルとなった。

【英グラクソ・スミスクライン】

 英グラクソ・スミスクラインは、米国市場の落ち込みを、新興国市場と新型インフルエンザ関連製品の需要増でカバーし、売上高は7%増の143億8200万ポンドとなった。

 医療用医薬品部門は、主力の気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬「セレタイド/アドエア」が4%増の25億5000万ポンド、新製品の抗癌剤「タイケルブ」が1億0900万ポンドとなったが、安全性の問題が懸念されている糖尿病治療薬「アバンディア」は18%減の3億2100万ポンドと続落した。

 特にワクチンは、米FDAから一時使用中止の勧告を受けた影響で、小児用ロタウイルスワクチン「ロタリックス」が19%減と二桁の落ち込みを見せたが、新型インフルエンザワクチンの急伸でカバー。新製品の子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」も4%増と好調に推移し、ワクチン全体で70%増の23億5000万ポンドと大幅な売上増となった。

 ただ、新型インフルエンザ関連製品の需要増の影響を除くと、1%の成長にとどまった。

【仏サノフィ・アベンティス】

 仏サノフィ・アベンティスは、糖尿病領域のインスリンアナログ製剤「ランタス」「アピドラ」と、新興国市場の成長が牽引し、売上高は前年同期比4・3%増の151億6800万ユーロとなった。

 医薬品事業の売上高は、欧州で後発品の攻勢を受けた抗血小板剤「プラビックス」が24・3%減と大幅に落ち込んだが、糖尿病領域の「ランタス」が10・5%増、「アピドラ」が24・2%増と二桁の伸びでカバー。特に新興国では、買収効果でコンシューマーヘルスケア事業、ジェネリック医薬品事業が大幅に伸長し、0・1%減の134億7600万ユーロと横ばいにとどまった。

 ワクチン事業は、新型インフルエンザの流行に伴う需要増を受け、インフルエンザワクチンが急伸し、25・5%増の16億9200万ユーロとなった。

 その結果、利益面では、営業利益が5・9%増の67億2300万ユーロ、純利益が8・6%増の49億0500万ユーロと増益を確保した。

【スイス・ノバルティスファーマ】

 スイス・ノバルティスファーマは、主力品が好調な医薬品事業に加え、ワクチン・診断技術関連事業、後発品事業のサンドが大きく伸長し、売上高は前年同期比18%増の238億4700万ドルと二桁成長を達成した。

 医薬品事業は、主力の慢性骨髄性白血病治療薬「グリベック」が12%増、骨転移治療薬「ゾメタ」が7%増、乳癌治療薬「フェマーラ」が14%増と、癌領域製品が好調に推移。新製品の加齢黄斑変性症治療薬「ルセンティス」も42%増と売上を伸ばし、10%増の150億ドルとなった。

 ワクチン・診断技術関連事業は、新型インフルエンザワクチンの出荷増が大きく寄与し、約4倍増の19億ドルと急伸。後発品事業のサンドは、中東欧、アジア、中東・トルコ・アフリカなど新興国市場の成長や、バイオ後続品の好調によって、価格低下の影響をカバーし、14%増の40億ドルとなった。

 その結果、営業利益は37%増の65億ドル、純利益は34%増の54億ドルと大幅な増益となった。

【スイス・ロシュ】

 スイスのロシュは、新型インフルエンザ流行に伴う需要増の反動で、抗インフルエンザウイルス薬「タミフル」が大幅に減少したものの、癌領域製品が好調に推移し、売上高は3%増の246億3600万スイスフラン(CHF)となった。

 医療用医薬品は、「タミフル」が31%減の7億1000万CHFと大幅に落ち込んだが、血管新生阻害剤「アバスチン」が14%増の33億9300万CHF、悪性リンパ腫治療薬「リツキサン」が9%増の33億0100万CHF、転移性乳癌治療薬「ハーセプチン」が8%増の28億0600万CHFと、主力の抗癌剤でカバーし、1%増の193億8600万CHFと増収を確保した。

 利益面では、前年同期に米ジェネンテックの統合費用を計上した影響で、純利益は37%増の55億6500万CHFと大幅な増益となった。

【英アストラゼネカ】

 英アストラゼネカは、主力品が新興国市場を中心に伸長し、売上高は7%増の167億5400万ドルとなった。

 製品別では、主力の高脂血症治療薬「クレストール」が北米、西欧、カナダ、日本、オーストラリアと全世界で高成長を維持し、25%増の27億3000万ドルと大幅に売上を伸ばした。統合失調症治療薬「セロクエル」は、徐放製剤の浸透によって10%増の26億5900万ドル、抗潰瘍薬「ネキシム」は米国の落ち込みをカナダでカバーし、1%増の24億9600万ドルと増収を確保した。また、気管支喘息治療薬「シムビコート」は、米国市場の急伸、日本での上市を追い風に24%増の13億6500万ドルと好調を維持した。

 その結果、営業利益は8%増の66億7700万ドル、純利益は19%増の48億8400万ドルと増益となった。

【米J&J】

 米ジョンソン・エンド・ジョンソンの医療用医薬品部門は、主力の抗リウマチ薬「レミケード」が9%増の23億1600万ドルと続伸。新製品の多発性骨髄腫治療薬「ベルケード」が30%増、抗HIV薬「プリジスタ」が49%増、統合失調症治療薬「インベガ」が11%増と売上を伸ばした。

 さらに、新発売した乾癬治療薬「ステララ」、関節リウマチ治療薬「シンポニ」の生物製剤も好発進したが、後発品の影響を受けた抗精神病薬「リスパダール」が50%減、片頭痛治療薬「トパマックス」が60%減と大幅に落ち込み、売上高は0・8%減の111億9100万ドルと減収となった。

【米イーライリリー】

 米イーライリリーは、主力品が米国市場で売上を牽引し、抗精神病薬「ジプレキサ」が7%増、大うつ病治療薬「サインバルタ」が15%増、抗癌剤「アリムタ」が50%増、勃起障害治療薬「シリアス」が14%増と二桁成長。超速効型インスリン製剤「ヒューマログ」も9%増と好調で、売上高は8%増の112億3400万ドルとなった。

【米ブリストル・マイヤーズ・スクイブ】

 米ブリストル・マイヤーズ・スクイブは、主力品が軒並み二桁の伸びを示し、売上高は7%増の95億7500万ドルとなった。

 主力の抗血小板薬「プラビックス」が11%増の32億9300万ドル、C型肝炎治療薬「バラクルード」が33%増の4億3900万ドルと成長を牽引。大塚製薬と販売契約を延長した抗精神病薬「エビリファイ」が1%増にとどまったが、抗HIV薬「レイアタッツ」が12%増、新製品の抗リウマチ薬「オレンシア」が28%増、抗癌剤「スプリセル」が35%増と大幅に売上を伸ばし、新発売したDPP‐4阻害薬「オングリザ」も3800万ドルと好調なスタートを切った。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録