HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【販社協/第1回MS認定試験】495人が合格‐合格率は79.8%

2010年8月20日 (金)

 日本ジェネリック医薬品販社協会は19日、「ジェネリック医薬品MS認定資格制度」の第1回認定試験を実施した結果、合格者が495人だったと発表した。受験者は620人、合格率は79・8%となった。9月14日に合格者名を発表する。今後、認定MSに対して年1~2回の継続研修を実施し、さらに質の向上を図る方針だ。認定資格の更新は5年後となる。

 第1回MS認定資格試験は、7月24日に全国6会場で実施された。試験内容は、添付文書の理解度を試し、MRとの連携を図る最低限度の知識を問うもので、販社協の会員企業51社、非会員企業21社から620人が受験し、495人が合格した。

 販社協は、認定MSの義務を、▽各所属企業で従事するMSの情報提供に関するスキル向上を図る▽GE薬の普及において、流通当事者としてより責任を果たすことができる体制とする▽調剤薬局・医療機関がGE薬の情報を得やすい環境を目指す‐‐と位置づけ、ユーザーのニーズに合ったGE薬を紹介すると共に、医療経営のコンサルタント業務などに役割を果たしていくとした。

 今後、第1回認定試験の合格者については、年1~2回の継続研修を実施し、さらに認定MSの質の向上を図る方針。5年後の更新条件をめぐっては、9月の合格発表後、早急に詰める予定にしている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録