HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

渡航歴ない患者から「NDM1」検出‐既に国内に広がっている可能性も

2010年10月6日 (水)

 厚生労働省は4日、さいたま市民医療センターに入院している90代の患者から、多剤耐性遺伝子のニューデリー・メタロ‐β-ラクタマーゼ1「NDM1」を持つ肺炎桿菌が検出されたと発表した。

 この遺伝子を持った大腸菌は、9月上旬に獨協医科大学病院で、インドから帰国した男性患者から初めて見つかっており、国内で2例目。90代の患者に海外渡航歴はなく、厚労省は国内で感染した可能性が高いという。

 厚労省によると、患者は8月下旬、肺炎のため同センターに入院。その際に採取した尿から多剤耐性の肺炎桿菌が見つかり、国立感染症研究所で検査していた。患者は現在も入院中だが症状は軽快している。また、同センターのほかの患者からは検出されていない。

 厚労省は、獨協医大病院で初めてNDM1が検出されたことを受け、全国の医療機関に対して耐性菌の報告を行うよう求めていた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録