HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】アクテムラで死亡例‐重篤感染症患者を禁忌に

2007年1月30日 (火)

 厚生労働省が25日に公表した「医薬品・医療機器等安全性情報」第232号によると、中外製薬の抗体医薬「アクテムラ点滴用静注用200」で、副作用による死亡例が報告されていることが分かった。

 同剤は2005年6月から販売を開始。06年10月までに、因果関係が否定できない重篤な感染症が6例報告され、そのうち1例が死亡症例だった。死亡したのは50代の女性。

 これを受けて厚労省は、使用上の注意の禁忌欄に、「重篤な感染症を合併している患者」を追加するよう添付文書の改訂を指示した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録