HOME > 無季言 ∨ 

大型品ほど後発品が

2011年1月19日 (水)

◆厚生労働省は14日付で、5月に薬価基準へ収載する後発品など385件を薬事承認した。このうち武田薬品の主力製品で2型糖尿病治療薬のアクトスを先発品とする「ピオグリタゾン塩酸塩」は27社76件。11社はOD錠も揃える
◆アクトスは、今年度薬価改定で市場拡大再算定の対象になったため、最初で最後のチャンスだった新薬創出・適応外薬解消等促進加算の適用を逃した。また、後発品との関係では、他剤との併用の用途特許の取り扱いが問題となっていたが、今回、全社が単剤投与だけの「虫食い」ではなく、併用を含む用法・用量で承認された
◆成功した大型品ほど後発品参入は多い。アクトスには、後発品市場に新規参入した第一三共エスファ、富士フイルムファーマや田辺三菱製薬も名を連ねる
◆先発メーカーに国民や医療関係者が期待するのは、何といっても新薬開発だが、先発メーカーならではの情報提供の安定供給といった特徴が生かされれば、後発品の信頼性が高まることにもつながる。一方、後発専業メーカーの強みは何なのか。品質の高い製品を安く提供することも、患者のメリットは大きい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録