HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品・長谷川社長】新研究所で創造性生み出す‐導入品は上市にメド

2011年1月21日 (金)

長谷川社長

長谷川社長

 武田薬品の長谷川閑史社長は20日、都内で開いた新春懇談会で、2月に新湘南研究所が完成することを踏まえ、「自社の研究開発から新薬を生み出す体制にはまだ時間がかかる」としながらも、「いい方向に進んでいる。ポジディブな思いを持って、いろいろなことをやっていきたい」と述べ、研究開発の生産性向上に取り組む考えを示した。また、開発パイプラインの状況について、「他社からの導入品だけを見ると、目標とする8~9割の確率で、製品化できるところに近づいてきている」との認識を語った。

 長谷川氏は、「製薬業界全体がテクノロジーの端境期にあり、自社の研究開発で売上・利益を継続的に生み出せるデザインを描ききれていないが、いつまでもその状況に甘んじているわけにはいかない」とし、研究開発の生産性向上を課題に挙げた。その上で、「厳しい状況を迎えているが、他社からの導入品だけを見ると、8~9割の確率で製品化できるところまで近づいてきている」と導入品の状況については一定の評価を下した。

 武田薬品は昨年10月、医薬研究本部長にポール・チャップマン氏を起用し、初めて研究開発のトップに外国人を据えた。さらに2月には、神奈川県藤沢市に湘南研究所が完成予定で、創薬研究の強化に取り組む方針を打ち出す。

 長谷川氏は、新研究所について、「日本で最大・最効率な研究所になることは間違いない」と強調し、「日本人以外の研究者にも来ていただき、異なるバックグランドや考え方の中から、新たな創造性を生み出せるような研究拠点にしたい」と述べた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録