HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【興和】世界初の肝癌再発抑制剤「ペレチノイン」を国内申請

2011年1月21日 (金)

 興和は、肝細胞癌再発抑制剤「ペレチノイン」の国内承認申請を行った。肝細胞癌の再発を抑制する薬剤としては、世界初の申請となる。

 ペレチノインは、レチノイド核内受容体をターゲットとするビタミンA誘導体の経口非環式レチノイド。今回、C型肝炎ウイルスに起因する肝細胞癌再発抑制剤として承認申請された。

 C型肝炎ウイルス(HCV)陽性肝細胞癌の根治術(外科的切除あるいは経皮的ラジオ波凝固療法)後患者を対象とした国内第II/III相試験では、プラセボ群に比べ、ペレチノイン600mg群で肝癌の再発リスクを減少させる結果が得られている。特に、根治術後2年以降の再発・死亡リスクを低下させる効果が高かった。肝細胞癌の再発には、原発巣からの肝内転移と、多中心性発癌があるが、2年目以降の再発では、多中心性発癌が多いことから、肝硬変などからの肝癌発症予防にもつながるのではと、期待されている。

 興和は、承認取得後、「ルチココーワカプセル75mg」の製品名で販売する予定。今後、ペレチノインの作用メカニズムの解明に向けた解析も進める。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録