HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東日本大震災】県備蓄タミフル、リレンザを避難所生活者へ開放

2011年3月22日 (火)

 厚生労働省は、都道府県が備蓄する抗インフルエンザウイルス薬を、被災者へ提供できるようにする方針を決め、都道府県に連絡した。備蓄の抗インフル薬は、新型インフルエンザ対策行動計画に基づく目的以外での使用や譲渡をしないという制限があった。被災者への提供については、既に製造販売業者の同意も得られている。

 対象となるのは、都道府県が備蓄する中外製薬の「タミフル」とグラクソ・スミスクラインの「リレンザ」で、避難所で生活する被災者のインフル罹患予防と治療用に限って使用を認める。

 両薬剤とも、一般市場向けを含め、メーカーや卸に在庫があり、十分に確保できている。このため、タミフルについては、特に被災地の医療機関へ最優先で配送する体制をとっている。また、リレンザについても、今回の対応で備蓄を使用した場合には、メーカー在庫品を無償補充するという。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録