HOME > 無季言 ∨ 

チーム医療で大切なこと

2007年2月16日 (金)

◆チーム医療が叫ばれ始めて数年が経過した。既に各施設では、何らかの医療チームが立ち上がっていることだろう。チーム医療は各スタッフの機動力と総合力が発揮でき、医療の質、患者サービスの向上につながると同時に、個人の能力を引き出し、成長もさせてくれる
◆だが、チームは何かを行うためのメンバーやグループという要素が強く、閉鎖的な響きを持つ。同じ職種内で、そこに加われなかったら疎外感を味わったり、落伍者のように感じることが、少なからずあるかもしれない
◆以前、ある職種のICT(感染対策チーム)を取材した際、カンファレンスへの出席、資料作成、回診への参加などに、8人が2週間の輪番制で対応し、人材育成にも一役買っていると聞いて、感心した覚えがある
◆何より大切なのは、医療スタッフとして患者・家族と連携し、患者を支える気持ちを持つこと。特定の人材ではなく、多くの人が医療チームへ関われるようになれば、患者はもとより、スタッフの教育の場としても有用なことは言うまでもない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録