HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【健保連】ジェネリック医薬品の普及に本腰‐Q&A集を作成

2007年2月20日 (火)

ジェネリック医薬品Q&A
ジェネリック医薬品Q&A

 健康保険組合連合会は、ジェネリック(GE)医薬品を被保険者・家族に正確に知ってもらうと共に、その普及を図るため、小冊子「ジェネリック医薬品Q&A」を作成した。各健保組合を通じて被保険者に配布する。発行部数は決めておらず、健保組合や関連団体からの要望に応じて作成していく。

 健保連の対馬忠明専務理事は、「昨年4月の診療報酬改定で処方せん様式が改められ、後発医薬品への変更可という欄に医師が署名すれば、保険薬局でGE薬に変更できることになった。しかし中央社会保険医療協議会検証部会に報告された現状は、レセプトでみると約17%に変更可の署名がなされたが、実際に変更されたのは6%に過ぎなかった」とし、「まだ、普及しているとは言い難い状況だろうと思う」と分析。その上で、「現状をみると、やはりPR活動、普及活動が重要だと感じた」と、Q&Aを作成した趣旨を説明している。

 作成されたQ&Aには、[1]ジェネリック医薬品ってどんな薬?[2]お薬代が約半分ってほんと?[3]どうしてそんなに安いの?[4]効き目と安全性、品質は大丈夫?[5]日本ではどの程度普及しているの?[6]ジェネリック医薬品はいいことずくめ?[7]医師はどう思っているの?[8]患者さんはどう思っているの?[9]普及のための行政の取組は?[10]お薬を決めるのは医師・薬剤師・患者?[11]処方せん様式が新しく変わったの?[12]ジェネリック医薬品を処方してもらうには?――という12の質問が設定され、それぞれに分かりやすい説明が加えられている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録