HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【一般用医薬品】第1類は23成分に

2007年2月20日 (火)

 薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会は16日、一般用医薬品のリスク分類を了承した。第1類は、新たにケトプロフェンが加わり23成分となった。年度内に厚生労働大臣告示し、4月1日から施行する。

 一般用医薬品のリスク分類は、昨年11月の同部会で分類案が了承後、1月12日までパブリックコメントが募集されていた。

 今回了承されたリスク分類では、パブリックコメント等を踏まえ、第1類に新たに、外用(貼付)の鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬「ケトプロフェン」を加えた。これは、貼付では光過敏症などで問題があるための措置。第1類はこれで23成分となった。

 第2類のアスタリスク付は、ビタミンA油と酢酸ヒドロコルチゾンで薬効群の追加があったが、57成分は変わりない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録