【新製品】クロトリマゾール配合膣カンジダ再発治療薬 佐藤製薬

2011年5月13日 (金)

膣カンジダ再発治療薬「エンペシドL」
膣カンジダ再発治療薬「エンペシドL」

 佐藤製薬は、イミダゾール系抗真菌剤「クロトリマゾール」を有効成分とする、膣カンジダの再発治療薬「エンペシドL」(第1類医薬品)を、10日から新発売した。クロトリマゾールをOTC医薬品に配合したのは初めて。同社では、主力のOTC薬事業に関して、「スイッチOTC薬、特に第1類医薬品の開発に積極的に取り組んでいく」(佐藤誠一社長)としており、昨年12月に点鼻薬「ナザールAR(季節性アレルギー専用)」、今年4月に点鼻薬「ナシビンMスプレー」(いずれも第1類)を投入。今回の新製品を加えて、同社の第1類医薬品は8品目となった。

 「エンペシドL」は、医療用の「エンペシド膣錠100mg」をOTC薬にスイッチした製剤。「エンペシド膣錠100mg」は独バイエルで開発され、世界30カ国以上で発売されている。日本では、医療用として1976年に発売されて以来、カンジダに起因する膣炎および外陰膣炎の適応で使用されている。また、OTC薬としてのクロトリマゾール配合膣錠は、90年にアメリカで最初に承認を得て、現在ではイギリス、オーストラリアなどの主要国で販売されている。

 膣カンジダは、女性生殖器感染症の中でも頻繁に見られる疾患で、膣に常在しているカンジダ菌が異常増殖することで発症する。クロトリマゾールは、真菌細胞膜に直接作用して殺菌するほか、真菌細胞膜の構造・機能の維持に重要なエルゴステロールの合成を阻害することで、抗菌活性を発揮する。抗菌スペクトルは病原真菌のほとんどに及んでおり、膣カンジダの原因菌種として最も多いカンジダ・アルビカンスに、高い抗菌活性を示す。

 「エンペシドL」は、医療用の「エンペシド膣錠100mg」と同一製剤で、1日量1錠中にクロトリマゾール100mgを含有する。膣内の水分で崩壊する発泡性のある錠剤のため、有効成分が膣内の隅々まで広がり、患部に効果的に作用する。

 無臭・無着色の錠剤で、油脂性基剤を使用しておらず、夏場でも融解することがないので、下着などを着色する心配がない。

 効能は「膣カンジダの再発」で、販売対象は過去に医師の診断・治療を受けた人に限る。成人(15歳以上60歳未満)1日1回1錠(できれば就寝前)を膣深部に挿入し、6日間続けて使用する。税込み希望小売価格は、6錠入り2940円。

 膣カンジダは、膣・外陰部の痒み、白色で酒粕状・ヨーグルト状のおりものなど、特徴的な症状を示すことから、再発の場合の自己診断が可能な疾患といえる。バイエル薬品が発症経験のある995人に、「再発した場合に同品を購入したいか」を聞いたところ、約7割が購入意向を示し、理由として「病院へ行かなくてもよいから」が、6割を上回った。

 市販薬への高い購入意向が示されたことと、医療用と同ブランド名での販売ということから、「エンペシドL」の需要の高さが期待される。

 佐藤製薬では、薬剤師向けに情報提供ツールの充実と製品説明会の開催、生活者に向けては専用Webサイトを開設するなど、情報発信と販売促進を図っていく。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録