HOME > 人事・組織 ∨ 

「パーシード」完全子会社化 アステラス製薬

2011年6月8日 (水)


 アステラス製薬
=米マキシジェンとの合弁会社「パーシード」について、マキシジェンが保有するパーシードの全持分の買取を完了し、完全子会社化した。アステラスはマキシジェンに対し、7600万ドルを支払う。パーシードを完全子会社化することで、遺伝子改変蛋白製剤の創製技術を獲得し、開発パイプラインの充実を図る。

 両社は2009年9月に、蛋白医薬品の研究開発を行うパーシードを設立。設立契約により、アステラスが約17%の持分、マキシジェンが約83%の持分を取得。その際にアステラスは、合弁会社の設立から3年目まで四半期ごとに5300万ドルから1億2300万ドルの間で増加する事前設定価格で、マキシジェンが保有する全持分を買い取る選択権を獲得し、3月にその権利を行使していた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

人事・組織 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録