【新製品】ノルアドレナリン作動性神経機能改善剤「ドプスOD錠100mg」「同200mg」 大日本住友製薬

2011年8月1日 (月)

 大日本住友製薬は、ノルアドレナリン作動性神経機能改善剤「ドプスOD錠100mg」「同200mg」を新発売した。

 ドプスは、「パーキンソン病におけるすくみ足、たちくらみの改善」などを効能・効果として、1989年に国内で発売され、2000年に「起立性低血圧を伴う血液透析患者におけるめまい・ふらつき・たちくらみ、倦怠感、脱力感の改善」の追加承認を得ている。

 パーキンソン病では嚥下障害を伴う場合が多く、ドプスの剤形として、既存のカプセル剤、細粒に加え、OD錠を追加した。水分制限を受けている透析患者にとっても服用しやすい。

 薬価は、ドプスOD錠100mg1錠79・20円、200mg1錠146・10円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録