HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】季節性インフルワクチン供給量を下方修正‐ウイルス混入で236万本減

2011年9月22日 (木)

 厚生労働省は22日、北里第一三共ワクチンの季節性インフルエンザワクチンについて、品質試験でトリレオウイルスの混入が判明したため、約236万本の出荷ができなくなったと発表した。これによって、今シーズンのワクチン供給予定量は、当初見込んだ2946万本から2700万本に減り、約2771万~2798万本と予測される需要を下回ることになった。

 厚労省は「現時点では需給への影響は少ないものと考えられる」とする一方で、ワクチンを混乱なく安定的に供給できるよう、都道府県等に対し、分割納入、在庫量の把握と住民への周知を徹底するよう求めている。

 同社製ワクチンについては12日時点で、原液の一部が規格不適合の可能性があると発表していたが、再試験で不適合が確定した。混入していたウイルスは、トリの関節炎の原因となるもので、ヒトに対する病原性は知られていないという。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録