HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

天然赤色着色料でアナフィラキシー‐添付文書や外箱で注意喚起

2012年5月15日 (火)

 コチニール色素を使った食品によるアナフィラキシー反応が報告されているとして、厚生労働省は都道府県を通じ、コチニール等を含有する医薬品、医薬部外品、化粧品について、添付文書や外箱などによる消費者に対する情報提供と、医薬品医療機器総合機構へのアナフィラキシー症例の報告を製造販売業者らへ要請した。

 コチニールは、中南米原産の昆虫「エンジムシ」から抽出したカルミン酸を主成分とする赤色の天然着色料で、清涼飲料水、菓子、ハムなどの食品、医薬品、医薬部外品、口紅やアイシャドーら化粧品で使用されている。不純物として含有するタンパク質がアレルゲンとなってアナフィラキシーを引き起こす事例が知られている。

 今回の厚労省の対応は、消費者庁の注意喚起を受けたもので、コチニールのほかにカルミン、カルミン・コンジョウ被覆雲母チタン、カルミン被覆雲母チタンといった色素が対象となる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録