【新製品】皮膚外用薬「セロナ」シリーズにかゆみ止め成分配合のローション 佐藤製薬

2012年6月11日 (月)

セロナQTローション
セロナQTローション

 佐藤製薬は、副作用の少ないアンテドラッグのステロイド「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」を配合した皮膚外用薬「セロナ」シリーズの新製品として、かゆみ止め成分クロルフェニラミンマレイン酸塩を配合した「セロナQTローション」(指定第2類医薬品)を新発売した。カサカサした湿疹と繰り返すかゆみに、優れたダブルの効果を発揮し、今すぐに治したい頭皮の湿疹・あせもにも使いやすい。セロナシリーズは、ジュクジュク型や乾燥型に「セロナ軟膏」、アトピー性皮膚炎・主婦湿疹に「セロナソフト」、顔や手足などの発赤や軽度の湿疹に「セロナクリーム」と、患部の症状に合わせたタイプが揃っているが、今回の新製品を加え、皮膚外用薬シリーズのラインナップがさらに充実した。同社では「赤ちゃんからお年寄りまで、家族で使える皮膚治療薬として、店頭でのセロナシリーズの販売拡大につなげたい」とする。

 「セロナQTローション」の主成分であるヒドロコルチゾン酪酸エステルは、世界31カ国で使用されている「ロコイド」を一般用医薬品にスイッチした成分。化学構造式中にフッ素などのハロゲン原子を含まないので、蓄積されにくく、また吸収された後は速やかに血中に移行して代謝・排出される、副作用の少ないアンテドラッグの性質を持っている。脂溶性が高く、経皮吸収に優れるため、湿疹・皮膚炎などの様々な症状を速やかに抑える。

 炎症によく効くヒドロコルチゾン酪酸エステルに、新たにかゆみ止め成分として「クロルフェニラミンマレイン酸」を配合したことで、カサカサした湿疹や繰り返すかゆみなどをダブルでブロックする。ローションタイプで、液ダレしないプッシュ式ノズルを採用するなど、クリームや軟膏が塗りにくい頭部や毛生部、顔などにも使いやすい。

 特にこれからの時期で、ニーズが高いと予想されるのが、皮脂分泌の多いところに発症しやすい頭皮の湿疹(脂漏性湿疹)への使用。頭部や髪の生え際などで悪化・軽快・再発を繰り返すが、初期症状としてフケが生じるので、人目が気になってしまう疾患の一つといっていい。こうした背景から「繰り返すかゆみを止めたい、すぐにカサカサを何とかしたいといった頭皮湿疹の悩みに、しっかりと対応できる治療薬が求められていた」(同社)とし、こうした使用シーンを訴求していく考え。

 用法・用量は1日数回、適量を患部に塗布する。税込み希望小売価格は、14mL1500円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録