HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】住血吸虫症で官民連携‐乳幼児向け製剤開発参加

2012年7月9日 (月)

 医薬品の研究開発を手がけるオランダの非営利団体のTIファーマ、独メルク、アステラス製薬、スイス熱帯病公衆衛生研究所は、乳幼児の住血吸虫症感染症治療薬を開発するため、新たな官民パートナーシップを設立。標準的な治療薬である吸虫駆除剤のプラジカンテルについて、6歳未満の乳幼児が服用しやすい小児用製剤の開発を手がける。

 住血吸虫症は、寄生虫によって引き起こされる慢性疾患。貧血や成長阻害、学習能力の減退などを引き起こし、適切な治療を受けない場合、生命に関わることもある。世界ではサハラ砂漠以南のアフリカ地域をはじめ、途上国を中心に2億人以上が感染し、治療が必要とされている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録