HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協会けんぽ】第2期APでもGE促進‐差額通知効果、11年度は30億円

2012年7月25日 (水)

 中小企業のサラリーマンが加入する協会けんぽを運営する「全国健康保険協会」の運営委員会が23日、引き続き後発品の使用促進に取り組む方向性を盛り込んだ、第2期の保険者機能強化アクションプランの内容を確認した。

 調剤報酬改定で先発品を後発品に切り替えた場合の軽減額効果を薬剤交付時に薬局から患者に提供することを、薬剤服用歴管理指導料の算定要件に導入したことを踏まえ、「加入者の視点からジェネリック医薬品の使用を促進するための各般の方策を進める」と明記した。また、保険者として自己負担額の差額を通知するサービスも継続し、「効果をさらに着実なものとするよう、加入者への広報、医療機関関係者、薬局関係者への働きかけ等を進める」とも記載した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録