HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン】花井社長「腎臓病は“最大重点領域”」‐DPP4導入で取組み強化

2012年8月2日 (木)

 協和発酵キリンの花井陳雄社長は7月27日、都内で開いた決算説明会で、重点領域の腎領域について、慢性腎臓病(CKD)をターゲットに、腎性貧血治療剤「ネスプ/エスポー」を中心とした幅広い製品群にとどまらず、研究開発も含めて総合的に注力していく方針を示し、「最大重点領域として取り組んでいく」考えを示した。

 腎領域製品の販売面では、国内製薬企業で唯一、腎専任MR400人を投入し、「ネスプ/エスポー」に加え、二次性副甲状腺機能亢進症治療剤「レグパラ」「ロカルトロール」、高リン血症治療剤「フォスブロック」、高血圧治療剤「コニール」「コバシル」の情報提供活動を進めてきた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録