HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】加藤血液対策課長、血液製剤の価格適正化「合理性ある範囲で検討」

2012年10月30日 (火)

 厚生労働省医薬食品局の加藤誠実血液対策課長は25日、専門紙の共同取材に応じ、血液製剤のコスト適正化について、「必ずしも価格は一律に安ければいいわけではない。安全確保や献血にかかる必要経費等のバランスを慎重に見て、きちんと合理性の範囲内で検討していく」との考えを示した。また、若年者の取り込みを目指す献血事業に言及。「10代、20代の献血率が目標を下回っているので、高校生に献血の意義を理解してもらい、少し粘り強く進めていきたい」と述べ、テコ入れを強化する方針を明らかにした。

 加藤氏は国内血液製剤のコストについて、「外国製品に比べて若干高いのは事実」と認めながらも、「ボランティアで来ていただく献血者に対する配慮、安全確保のコストもかかる」と指摘。「高いのも事実だが、必ずしも一律に安ければいいということにはならない。そのバランスを慎重に見ていくべき」との考えを示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録