HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協・薬価専門部会】先発品と後発品、薬価差を容認‐長期品は引き下げ要求相次ぐ

2012年11月2日 (金)

 中央社会保険医療協議会の薬価専門部会は10月31日、長期収載品薬価のあり方を議論し、先発品と後発品との薬価差を容認する方向性を決めた。また、後発品収載後、一定期間が経過しても置き換えが進まない場合、長期収載品の薬価引き下げ幅を拡大するなどの新ルール導入も含め議論を進めること、後発品への置き換え状況について、置き換え可能な市場における後発品の割合を新たな指標とすることを確認した。

 この日の部会では、厚生労働省事務局から、長期収載品薬価のあり方の中間取りまとめに向け、▽後発品と先発品の薬価差▽長期収載品の薬価、後発品の置き換えをどう考えるか――の論点が示された。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録