HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【臨床薬理学会学術総会】現実の医療への貢献目指す‐原点に立ち返り活発に議論

2012年12月3日 (月)

 第33回日本臨床薬理学会学術総会が、11月29日から3日間、宜野湾市で開催された。「医療としての臨床薬理学―集団と個の薬物医療」のテーマのもと、適切な薬剤を選択し、適切に投与し、患者に改善の予後を提供するという、当初の臨床薬理学の目的に立ち返り、活発な議論が行われた。

 11月30日の会長講演で植田真一郎氏(琉球大学大学院医学研究科)は、「遺伝子解析の手法が進歩し、ゲノム薬理学的な視点から治療を個別化・至適化する研究は進んでいるが、薬剤、治療法の妥当性は治験だけでは証明できず、製造販売後の様々な臨床研究が必要」と主張。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録