HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【流改懇】流通改善「一定の進展」‐単品単価の取引が倍増

2012年12月4日 (火)

 厚生労働省は11月29日、「医療用医薬品の流通改善に関する懇談会」を開き、日本医薬品卸業連合会と日本保険薬局協会(NPhA)のワーキングチーム(WT)の取り組みを報告した。薬卸連とNPhAそれぞれの傘下企業54社における覚書の締結状況を調査した結果、締結率は約11%にとどまったものの、取引形態のほとんどが単品単価で、流通改善が一定の進展を見せていることが分かった。座長の嶋口充輝氏(慶應義塾大学)は「全体的には、調剤チェーンでかなり単品単価取引が増え、一定の改善は見られた」と評価した。

 薬卸連とNPhAの傘下企業で取引基本契約書に基づく覚書の締結状況をモニタリングした結果、9月末現在で有効期限を定め、契約条件を明示した本覚書の締結率は取引数ベースで薬卸連が11・5%、NPhAが11・6%にとどまっていた。取引金額ベースの締結率は35%だった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録