HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン】G-CSFのペグ化製剤、年内に国内申請へ

2013年1月29日 (火)

 協和発酵キリンは、悪性リンパ腫・乳癌の癌化学療法による発熱性好中球減少症患者を対象としたG-CSF製剤「KRN125」(一般名:ペグフィルグラスチム)の国内第III相試験で、主要評価項目を達成したと発表した。この結果を受け、今年中に「KRN125」の承認申請を行う予定。

 「KRN125」の第III相試験では、悪性リンパ腫を対象にフィルグラスチム50μg/m2連日皮下投与との比較、乳癌を対象にプラセボとの比較を行った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録