HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本がん薬剤学会】ファンデルブルックISOPP前会長「ハザーダス・ドラッグ、対策徹底を」

2013年2月14日 (木)

調製から排泄までの各段階

 国際抗がん剤専門薬剤師学会(ISOPP)前会長のヨハン・ファンデルブルック氏(ゲント大学病院中央薬局調剤部責任薬剤師)は、先に開かれた日本がん薬剤学会で講演し、抗がん剤など人体に害を及ぼす可能性が高い「ハザーダス・ドラッグ」の取り扱いについて国際水準の考え方を解説した。院内の調製、投与、廃棄、排泄の各段階で、ハザーダス・ドラッグに曝露されないような予防・防御対策を取る必要があると強調した。

 ハザーダス・ドラッグとは、[1]遺伝毒性[2]発がん性[3]催奇形性[4]臓器毒性――という4要素のうち、一つ以上を備えた医薬品。医療従事者の曝露量は患者に比べると少量だが、30種類以上の様々な薬剤に長期間絶え間なくさらされるほか、健康で若い人が曝露を受けるという特徴がある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録