HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】筋ジス用核酸医薬開発で子会社‐外部ファンドから資金調達

2013年2月21日 (木)

左から能見公一産業革新機構社長、松尾氏、中山氏

左から能見公一産業革新機構社長、松尾氏、中山氏

 第一三共は国内新会社「オーファン・ディジーズ・トリートメント・インスティテュート」を3月をメドに設立し、独自技術のエチレン架橋核酸(ENA)を含む短鎖修飾核酸「ENAオリゴヌクレオチド」について、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)に対するPOC取得を目指す。官民合同ファンドの産業革新機構と、三菱UFJキャピタルのファンドがそれぞれ第三者割当増資を行い、単独では事業化が難しい希少疾患領域で特にリスクの大きい開発初期を乗り切る。

 DMDは男児の約3500人に1人が発症する頻度の高い伴性劣性遺伝疾患。筋細胞 の形成に不可欠な「ジストロフィン」と呼ばれる蛋白質の遺伝子に79個あるエクソン(アミノ酸の配列情報を書き込んだ部分)の一部が欠損することで、mRNAの翻訳を停止する塩基配列が現れてジストロフィン蛋白質が産生されなくなる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録