HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

イレッサ訴訟、国とアストラゼネカが全面勝訴‐引続き安全性確保に努力

2013年4月17日 (水)

 肺癌治療薬「イレッサ」の副作用をめぐり、死亡した患者遺族が国とアストラゼネカに対して損害賠償を求めていた裁判で、最高裁判所は12日、アストラゼネカに対する患者側の上告を退ける判決を言い渡した。これにより、企業の賠償責任を否定した二審・東京高裁判決が確定。国に対する賠償請求は、今月2日に最高裁が上告を棄却する決定をしており、一連の訴訟は国とアストラゼネカの全面勝訴で幕を閉じた。

 イレッサは、2002年7月に世界に先駆けて日本で承認されたが、販売直後から副作用の間質性肺炎で死亡する患者が続出。当時、アストラゼネカは、医師向けの添付文書に「重大な副作用」として記載はしていたが、最も強い「警告欄」での注意喚起は行わなかった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録