HOME > 無季言 ∨ 

薬学部の乱立で

2007年5月18日 (金)

◆14日の新薬剤師養成問題懇談会に、日本私立薬科大学協会が提出した50私立薬大の今年度入学者数を見ると、定員を割り込んだ大学が11校もあった。実に5分の1以上で定員割れが起きている
◆この要因としては、もちろん少子化も挙げられようが、やはり薬大の新設ラッシュが強く影響していると思う。実際、ここ数年間で私立薬大の数は、数年前の2倍近くに達している
◆昨年4月には、関係者が長年の悲願としてきた薬学6年制が実現した。6年制への移行には、高度化する医療へ対応するため、質の高い薬剤師を養成するという大目標が掲げられていたはずだ。ところが大学関係者からは、新設ラッシュによって、質の高い薬学生を確保することが難しくなったと、嘆く声も聞かれる
◆現状は6年制を導入した目的と、逆行しているように見える。最終的に薬剤師のレベルが下がって影響を受けるのは患者だ。医療の質を堅持するためにも、薬学部乱立という状況を打開する必要がある。本格的にその方策を検討すべき時期ではないか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録