HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】H7N9型を指定感染症‐2類並みの措置可能に

2013年4月26日 (金)

感染症部会で了承

 厚生労働省は24日、中国で感染が広がっているH7N9型の鳥インフルエンザAについて、政令で指定感染症と検疫感染症に位置づけると共に、保管基準等を遵守する義務を負う4種病原体等に指定することを決めた。H5N1型鳥インフルエンザと同様に、入院や就業制限等の措置が取れる2類感染症並みの対応を可能となる。同日、厚生科学審議会感染症部会で了承した。5月上旬に改正政令の施行を目指す。

 中国で広がるH7N9型の鳥インフルエンザは、感染者が100人以上を超え、トリからヒトに感染しやすくなっている可能性が報告されている。ただ、H7N9型は、入院等の措置が実施できない4類感染症に位置づけられ、仮に国内で発生した場合、重症患者の適切な治療や入国段階における効果的な措置を行えない可能性がある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録