HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友】多田社長「ラツーダ、一層の拡大強調」

2013年5月14日 (火)

筋肉体質へ基盤強化事業

多田社長

 大日本住友製薬の多田正世社長は、海外戦略品のラツーダについて、「うつの効能追加で13年度には売上高3億ドルを達成できる。それ以上のところを狙っていく」と力強く抱負を述べた。事業基盤強化プロジェクトにも言及し、「筋肉質的な運営を達成し、売上高も前期的な企業体質を構築するため、15年度には50億円の合理化を実現する」との考えを示した。

 6月に米国で双極I型障害うつの適応拡大が見込まれるラツーダについて、「従来の統合失調症に比べて、うつでは確実にカバーする医療機関数が増えてくる」と指摘。米国子会社サノビオンの販売体制を「主に、14年4月に特許切れするルネスタ(不眠症治療薬)の営業人員を順次転用し、昨年の350人から450人に増強したい」と明言した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録