HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【旭化成】「ヘルスケア協議会」を設置‐三事業でシナジー創出が目的

2013年5月30日 (木)

藤原社長

藤原社長

 旭化成の藤原健嗣社長は27日、中期経営計画の進捗について会見し、医薬事業を手がける旭化成ファーマ、医療事業を手がける旭化成メディカル、クリティカルケア事業を手がける米子会社「ゾール・メディカル」の3社でヘルスケア領域の相乗効果を創出するため、「ヘルスケア協議会」を設置したことを明らかにした。その上で「ヘルスケアが旭化成の大きな柱になる。三つの事業は若木であり、三本の木を大きくするためにまだまだ投資が必要」と述べ、グループとして積極的な投資を行う方針を示した。

 2012年度業績での医薬・医療は、骨粗鬆症治療薬「テリボン」と血液凝固阻止剤「リコモジュリン」が拡大し増収を達成。クリティカルケアでは、昨年買収したゾールが着用式除細動器「ライフベスト」の伸長が牽引し、18%増の約8億ドルと計画通りの進捗をみせている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録