【新製品】長時間作用型ARB「イルベサルタン200mg」 大日本住友製薬、塩野義製薬

2013年6月14日 (金)

 大日本住友製薬と塩野義製薬は、長時間作用型ARB「イルベサルタン(一般名)」の剤形追加品をそれぞれ「アバプロ錠200mg」「イルベタン錠200mg」の製品名で発売した。

 サノフィが創製した長時間作用型のARBで、24時間降圧効果が持続し、軽症から重症高血圧症まで優れた降圧効果が認められている。

 海外では1997年に発売され、海外の主要なガイドラインにも記載されているIDNTやIRMA2などの大規模臨床試験結果により、早期腎症から顕性腎症までの幅広いステージにおいてエビデンスを有するARBとして知られている。

 国内では、08年7月に大日本住友製薬、塩野義製薬から50mg、100mgの剤形を発売。今回、一日最大量である200mgの規格が追加されたことで、患者の服薬アドヒアランス向上が期待されている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録