HOME > 無季言 ∨ 

カラーコンタクトレンズ流行の影に

2013年6月17日 (月)

◆最近、若者を中心にカラーコンタクトレンズ(CL)を使用する人が増えている。そうした状況を受け、2009年時点では10品目以下だったカラーCLも、今年1月には258品目にまで拡大している
◆カラーCLを使い始めたきっかけは、「見た目の印象を変えたかった」「メイクや服装に瞳の色を合わせたかった」などが上位を占め(ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニーの調査)、ファッションの一部として取り入れていることがうかがえた
◆その一方で、▽カラーCL購入の際に中高生の約6割が眼科を受診していない▽カラーCL購入の際にレンズの安全性を気にするユーザーは6割弱――なども明らかになっている(同調査)
◆これらの結果は、カラーCL流行の影に眼障害のリスクが潜んでいることを示している。眼に障害を負ってからでは遅い。カラーCLユーザー、特に若者に向け、購入に際して「眼科を受診すること」「確かな品質のレンズを選択すること」などの重要性を啓発する活動が必要だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録