HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【三菱化学メディエンス】抗体分子の糖鎖解析サービス実用化へ

2013年9月26日 (木)

 三菱化学メディエンスは、理化学研究所と島津製作所が共同開発した糖鎖解析技術「Erexim」(エレクシム法)を用いて、抗体医薬品向けの糖鎖解析サービスの実用化を目指す。薬効や副作用に関与する抗体医薬品が持つ多様な糖鎖構造について、エレクシム法を用いて定量的に測定してロット間差評価を行い、抗体医薬品の薬剤開発や品質管理ツールとして役立てたい考え。今後、データの再現性などを確認し、実用化に向けた検討を進めていく。

 糖鎖は、核酸、蛋白質に次ぐ第3の生命鎖を形成する生体情報高分子と呼ばれる。細胞表面に存在し、個々の細胞に特異的な情報伝達や細胞間コミュニケーションなどの機能を持つ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録