HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【高園産業】50年機に新たな商号と商標に‐グローバル企業として飛躍目指す

2013年10月28日 (月)

新商号と商標

新商号と商標

 調剤機器・医療関連機器など、総合医療機器メーカーの高園産業(園部経夫社長)は、1963(昭和38)年の創業で、今年の8月7日に創立50周年を迎えたが、同社ではこれを機に、11月1日から商号を「株式会社タカゾノ」に変更すると共に、商標も一新する。今後は国内事業にとどまらず、グローバルに事業展開する新たな企業ブランドを確立し、「社会貢献し続ける企業として、一段の飛躍を目指していく」としている。

 高園産業は、63年に医薬品分包機を発売以来、分包機をはじめ医療機器、システム機器など“安定・信頼・高性能”な製品を調剤薬局、病院等の医療機関に提供している。全自動錠剤分包機や散剤・錠剤分包機をはじめ、省スペースから様々な運用規模に対応する、ニーズに応えた豊富な製品ラインナップを展開する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録