HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東大病院研究グループ】制御性B細胞、脂肪組織の炎症抑制‐メタボ治療への応用に期待

2013年10月28日 (月)

 マウスにおいて脂肪組織に存在する制御性B細胞が脂肪組織の炎症を抑えることを、東京大学病院循環器内科の研究グループが発見した。また、この制御性B細胞は肥満するとマウスだけでなくヒトでも減少することも分かった。これは、炎症を進行させる細胞の働きの方が炎症を抑える細胞の働きよりも強くなり、炎症が進んでしまう可能性を示す成果といえる。また、制御性B細胞が作るインターロイキン(IL)10が炎症の抑制に重要なことも見出した。研究の進展により、脂肪組織の制御性B細胞はメタボリックシンドロームの新たな診断・治療法開発の標的になることが期待される。

 近年、食生活の変化や運動不足に伴い肥満が増加しており、心筋梗塞や脳卒中の危険因子としてメタボリックシンドロームが注目されている。肥満では脂肪組織に慢性の炎症が起き、メタボリックシンドロームに伴う心血管病や糖尿病等の生活習慣病の発症を促進していると考えられている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録