HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本調剤】14年3月期中間決算「売上高、利益とも大幅増」

2013年11月19日 (火)

 日本調剤の2014年3月期連結中間決算は、主力の調剤事業で処方箋単価の上昇と、採算性を重視した出店策の推進、また医薬品製造販売事業では4月に長生堂製薬を子会社化したことで業容が大きく拡大したほか、今年度は調剤報酬と薬価の改定がなかったことで、売上高は前年同期比19・4%増の801億3600万円、営業利益は198・0%増の23億3800万円、経常利益は276・4%増の20億4900万円、中間純利益は428・1%増の9億5000万円と、増収増益となった。

 主なセグメント別売上高は、調剤薬局事業が12・2%増の708億0500万円、医薬品製造販売事業が196・4%増の74億0300万円、医療従事者派遣・紹介事業が29・3%増の19億2700万円であった(セグメント間およびセグメント内取引消去後)。調剤薬局の新規出店は20店舗(閉局3)で、9月末時点の総店舗数は483店舗(物販専業1店舗含む)


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録