HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬】販売サイトの情報収集へ‐独自のGL作成も視野に

2013年11月21日 (木)

 一般薬のインターネット販売の新ルールを盛り込んだ薬事法改正案が国会に提出されたが、先に開かれた日本薬剤師会の都道府県会長協議会で生出泉太郎副会長は「会員がネット販売する場合のルール作りなど、安心して販売できる環境を作っていかなければならない」とし、法改正後の方針を示した。また、担当の藤原英憲常務理事は、日薬としても医薬品販売サイトの情報収集に関与していくことを示した。

 生出氏は「安心安全のために対面(販売)でなければならないと強く主張してきたが、医療用と一般用医薬品の狭間に『要指導医薬品』というものができることで、医療用医薬品にネット販売が及ばない状況を作れたと思っている。また、(スイッチOTCの)PMS期間が3+1年でリスクを検討するところが3年以内に短縮された。齟齬が起こってくるのではと心配している」とした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録