【新製品】ビンダケル ファイザー

2013年11月27日 (水)

 「ビンダケルカプセル20mg」は、トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTRFAP)の末梢神経障害の進行抑制に対する国内初の治療薬。

 TTR‐FAPは国内推定患者数が130人程度とされる進行性の致死的な神経難病で、トランスサイレチンの遺伝子変異により前駆蛋白であるトランスサイレチン4量体の解離・変性が生じてアミロイドとして神経、心臓、腎臓などの臓器に沈着して様々な機能が阻害される。

 ビンダケルはタファミジスメグルミンを有効成分とし、トランスサイレチン4量体の解離を抑制してトランスサイレチンを安定化し、アミロイドの蓄積を抑える。

 欧州で2011年に世界初承認となり、国内では同年に第I相試験を開始して今年2月に申請。優先審査で申請から7カ月後の同9月に承認を取得した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録