HOME > 無季言 ∨ 

どうなる薬価制度改革

2007年6月15日 (金)

◆4月2日の特集号で書いた記事が、結果として“誤報”となりそうだ。釈明したい
◆官民対話に基づく政策の予算確保で迷走しそうと書いた。しかし4月26日、厚生労働、文部科学、経済産業3省による「革新的医薬品・医療機器創出のための5カ年戦略」がまとまった。今月12日には「骨太の方針」原案に盛られ、予算の裏づけも取れつつある
◆当時、こんな話はなかった。というのも当初、5カ年戦略は予定になかったからだ。官民対話は当初、共通認識を醸成する場、政策は各省に委ねられていた。その後、3月16日の経済財政諮問会議で民間議員が戦略策定を求める一方、政府のイノベーション25、新健康フロンティア戦略が曖昧になり始め、医薬産業政策の方向性では官民対話への期待が高まった。戦略策定に動いた4月、骨太への反映は保証されていた模様で、それで3省の足並みが揃ったらしい
◆一方、記事に書いた薬価制度改革は、後発品使用促進も絡み迷走しそう。業界では日薬連が改革案をまとめるため加盟団体に意見を求めているが、各団体の考え方はバラバラ。15日は意見の締め切り。どんな案になるのか予想できない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録