HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【三和化学】ネスプBSを韓企業から導入‐ジーンテクノと共同開発へ

2014年1月27日 (月)

 三和化学研究所は22日、医療用医薬品事業を手がける韓国の東亞ST社と、腎性貧血治療薬「ダルベポエチンアルファ」のバイオ後続品の日本国内における開発・商業化に関するライセンス契約を締結したと発表した。腎疾患領域を強化するためにパイプラインを拡充した。北海道大学発バイオベンチャーのジーンテクノサイエンスと共同開発する。

 三和化学は主軸の糖尿病領域で選択的DPP‐4阻害剤「スイニー」やα‐グルコシダーゼ阻害剤「セイブル」などの治療薬のほかに診断薬、食品を幅広く扱っている。周辺分野である腎疾患も戦略領域に位置づけて注力しており、2年前からはアステラス製薬と戦略的提携を結んで腎疾患関連製品の共同販促も展開している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録