HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【合同フォーラム】卒前・卒後教育は継続性重要‐ニーズと役割を意識した制度へ

2014年1月31日 (金)

パネルディスカッションも行われた

パネルディスカッションも行われた

 日本医薬品情報学会と日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会は合同フォーラム「英国に学ぶ薬剤師によるOTC販売と適正なセルフメディケーションのための学部教育および卒後教育」を26日、都内で開催し、英国のOTC薬の販売制度や学部・卒後のセルフケア教育の現状についての講演、日本での現状を踏まえたパネルディスカッションなどを行った。ロンドン大学博士課程研究員の荒川直子氏は、英国では地域薬局をセルフケア・プロバイダーと位置づける政策のもと、新たなニーズに対応して薬局サービスが広がると共に、セルフケアを担う学部教育・卒後教育がシームレスに、かつ質の担保・向上を目指した制度として構築されつつある現状を紹介。「ニーズと役割と教育とがしっかり結びついていなければならない」と述べた。

英国の状況など解説

 講演では野村香織氏(東京慈恵会医科大学)が、イングランド中心に英国のOTC薬に関する制度と背景、医療制度などを解説。「医療へのアクセスが悪いことから、まず薬局にアクセスしてもらうという方向で展開している」とし、セルフケアが重視される中で、薬局の役割の重要性も高まっている現状を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録