HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【豊田中央研究所】金属錯体触媒、再利用技術を確立‐医薬品などの製造コスト低減

2014年3月6日 (木)

 豊田中央研究所の研究グループは、医薬品や化成品の合成に使用される金属錯体触媒を回収して再利用できる全く新しい固定化担体の合成に成功した。同グループがすでに合成している、均一な細孔構造を持つメソポーラス有機シリカ(PMO)の細孔表面に、金属錯体の構成要素である有機配位子(ビピリジン)を規則的に配列させた高表面積のメソポーラス有機シリカ(Bpy‐PMO)を合成すると共に、この細孔表面に触媒である金属錯体を直接固定することもでき、金属錯体が溶媒に溶けた状態と同等以上の触媒活性を示すことを明らかにしたもの。さらに、固定化した金属錯体は、ろ過により簡単に分離・回収でき、繰り返し使用できることも確認した。今後この技術は、医薬品などの製造コストの低減、金属不純物の混入防止技術に役立つことが期待される。

 金属錯体触媒の多くは、反応液に溶けた状態で高い活性や選択性を示すが、その半面、高価な触媒を反応後に回収・再利用することが困難だった。また、触媒から流出する金属が医薬品や化成品に混入することを避けるために、複雑な操作を必要としていた。そのため、触媒機能を損なうことなく、金属錯体を固定化して、回収・再利用を可能とする有効な固定担体が望まれていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録