HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府薬】変化に対応し新たな試み‐健康情報提供拠点整備など

2014年4月18日 (金)

 大阪府薬剤師会の藤垣哲彦会長は14日、定例記者会見で「大阪府が設置する協議会で健康情報提供拠点整備事業を検討し、今年の夏には具体的な施策を展開したい」との考えを示した。また、2011年から毎年発行している「お薬手帳啓発ポスターおよびリーフレット」のリニューアル版が完成し、今月末から会員薬局に配布することも報告した。

 藤垣氏はまず、「今回の調剤報酬改定で、薬局はかなり厳しい状況下に置かれた。新しい調剤報酬を検証して、次に結びつけなければならない」と明言。その上で、「臨床検査技師法の一部改正を含めて、薬局が置かれている環境がかなり変わってきており、診療報酬・調剤報酬に連動していると考えられる」と分析した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録